駆け込みドクターで紹介「血糖値を急上昇させない食べ方5つ」

昨日(6月22日)放送されたテレビ番組、「駆け込みドクター!」にて、
血糖値を急激に上げない5つの食事習慣が紹介されておりました。

血糖値を急激に上げない・・
つまり、血糖値をコントロールすると言うことは、
糖尿病などの生活習慣病を予防するだけでなく、
ダイエットをスムーズに進める為にも、非常に重要な要素になりますので、

今日は、見逃した方の為に、その内容を共有させていただきますね^^
痩せる食べ方

血糖値を急上昇させない食べ方 = 太りにくく痩せやすい食べ方

となりますので、
ダイエットをスムーズに進める為にも、
是非下記を参考にしてくださいませ☆

では早速参ります~!

血糖値を急上昇させない食べ方その1

*食事を取る前にコップ半分の豆乳を飲む

豆乳を食前に飲むことで、
(料理に使っても効果はある)
血糖値の急上昇を緩やかにすることが出来ます。

飲み過ぎれば太るので、
コップ半分と言うのがみそ!

血糖値を急上昇させない食べ方その2

*一日に大さじ一杯のお酢を摂る

お酢に含まれるクエン酸もまた、
血糖値の急上昇を緩やかにする働きがあります。

お酢以外でも、レモンや梅干しでもOK!

血糖値を急上昇させない食べ方その3

*ビタミン B1を積極的に摂る

ビタミン B1は、
糖質をエネルギーにチェンジしてくれる栄養素。
特に豚肉に豊富に含まれているので、豚肉のメニューを増やすと良い。

ねぎや生姜などの辛み成分と一緒に摂ることで、
ビタミン B1を吸収を助けてくれるので、
玉ねぎと共に焼いた生姜焼きはとても有効!

また、
ビタミン B1は水に溶ける水溶性ビタミンなので、
茹でてしまうとビタミンが逃げてしまうので、
焼いたり蒸したりする食べ方がお勧めです。

血糖値を急上昇させない食べ方その4

*ご飯や麺などの穀類を少し時間をおいて冷ましてから食べる

ご飯は炊きたてのご飯よりも冷えたご飯の方が血糖値を緩やかにする。

”かけそば”と
”ざるそば”なら、冷たい”ざるそば”を、

”温かいラーメン”と
”冷たいつけ麺”なら、つけ麺を選ぶと良い。

この理由はレジスタントスターチのおかげ。

炭水化物に含まれるでんぷんは、
加熱して冷えた状態に戻すと
食物繊維と同じ様な働きの成分に変わるから、
そのお陰で糖質の吸収がゆるやかになる。

血糖値を急上昇させない食べ方その5

*毎日食べているご飯の量を覚えておいて、それ以上食べないようにする

成人女性の一食のご飯の適量は150グラム(お茶わん軽く一杯程度)
男性は200グラム(女性より少し多い程度)

この量を覚えておいて、
カレーやどんぶりを食べる時や、
外食の時など・・

量を食べ過ぎないようにセーブすることが大事。

例えば、
回転ずしなら、
5皿程度で成人男性の一食分に相当(200グラム)

カレーやどんぶりなど、
外食では特に摂り過ぎになることが多いので、
気をつけたいですね!

そして・・
意外とご飯を摂りすぎてしまうのがお弁当。

ご飯は詰め込みすぎず、
軽くよそうようにすると全然違ってきます。

_____________

はい(^^)/

と言うことで、
血糖値を急上昇させない食べ方5つはこれで以上になります。

どれもすぐにでも実践出来るものですし、
ダイエットに有効なものばかりですので、
是非取り入れてくださいませ☆