今日はですね!
運動を頑張った後に体重が増えてしまう理由
についてお話ししたいと思います。
体重

実は結構多いのですよね!
「運動を頑張ったから体重も減るだろう」
と思ったら、逆に増えてしまうと言うことは!

理由はですね・・
色々ありますが、一つ挙げるとすれば、
”筋肉量が増えたことが原因”
といえます。

と言うのも・・

筋肉は運動することによって一度組織が傷つき、
修復される時にたくさんの水分を組織内に含むからです。

また、脂肪が減っても、
同じだけ筋肉が増えれば、
筋肉は脂肪よりも重いので体重は増えることになります。

この重量の差は・・

水を基準値(1.0)とした数値で表されますが、

脂肪は約0.9
筋肉は約1.1です。

脂肪は水より少し軽く
筋肉は水よりも重いという違いがありますので、
筋肉が増えると体重が重くなると言う訳です。

そんなに差があるのか?
と、びっくりされたのではないですか?

とは言え、
これは”重さ”だけの比較。

重要なのは・・やはり重さより見た目ですよね^^?

当然のことながら、見た目は筋肉の方が細く美しいです。

先程は”重さ”の比較でしたが、
今度は”体積”の比較です!

100グラムでの体積を比較すると・・

脂肪は約111cm3
筋肉は約91cm3

今度は逆転します。

つまり、

筋肉が多い人は重くても見た目が細く美しい。
筋肉が少ない人は軽くても見た目が太く醜い。

となります。
(・・まあ、痩せてるように見えて、隠れ肥満と言う場合もありますが^^;)

体重50キロで、モデル体型・・食べても太らない燃焼ボディ!

体重50キロで、ぽっちゃり体型・・食べればすぐに脂肪になる太りやすい体!

どちらが良いですか?
と言われれば答えは明白ですよね?

以上のように、
筋肉量の差で、
同じ重さでも見た目が異なってくることがわかりますよね?

と言うことで!

「運動したのに体重が増えてしまった!」
と、ショックを受けたり、
心配しなくても全然大丈夫です。

むしろ、筋肉が増えて痩せ体質に変わった証拠だと前向きにとらえてください。

筋肉は代謝を高め、
体を引き締めるために絶対に必要なものです。

健康的な生活を送るためにも、
運動は必ず日課として継続してくださいね。

ではでは、
そんなことで今日はここまでです。

心を込めて・・