寝不足は、美容の大敵とも言われますが・・
ダイエットにも多大な影響を与えます

研究によりますと、
7~8時間睡眠をとる人は最も肥満度が低く、

5時間睡眠の人は肥満率が50%アップし、
4時間以下の睡眠では
70%以上も上昇するという研究データがあるぐらい

肥満と睡眠時間は、大きく関係しているのですね

寝不足で太る理由は次の通りです

睡眠不足になると、
「レプチン」「グレリン」と言ったホルモンのバランスが
崩れてしまうからなんです。

このホルモンの働きを簡単に説明すると、

レプチンは食欲を抑えてくれるホルモンで、
 交感神経を活性化させて脂肪を燃やし、
 エネルギーの消費を促すことで肥満を抑制する働きがあります

グレリンは逆に食欲を増進するホルモンですね

このバランスが乱れて、
過剰な食欲がわいてしまったり、
高カロリーなものが欲しくなったりすることに加え、
脂肪も溜め込みやすくなってしまいます。

つまり、
寝不足だと凄く太りやすくなってしまうと言うわけです!

また、細胞の修復などは、睡眠中に行われる為、
睡眠不足であればあるほど、

代謝がうまく回らなくなり、
むくみや冷えもなかなか解消されないなど、
ダイエットがスムーズに進まない原因にもなります!

と言うことで、
太りやすい体を作らない為にも、
日頃から十分な睡眠を心掛けたいものですね。

なかなかお仕事の関係や、
出産後のママさんなど、
十分な睡眠時間を確保することがどうしても出来ないと言う方は、
難しいかとは思いますし、
その場合はしょうがない部分ではあるのですが(汗)

もしそうではなく、
だらだらとテレビを見ていたり、
携帯電話をいじっていたりで、
無駄に睡眠時間を削ってしまっている場合は、

それこそがまさに、
「太る生活習慣」
となりますので、
くれぐれもご注意くださいね!

特に、
寝る間際まで、
パソコンや携帯電話の光を見続けている方は要注意です!

これによって、
昼の活動的な神経である交感神経が優位に働いてしまい、
どんどん眠れなくなってしまいますので、

こう言った習慣がある方は
なるべく控えるように心掛けてくださいませ!

ではでは♪