睡眠時のカロリー消費量は侮れない!睡眠とダイエットの深い関係

昨日・・冬用のふかふかの布団にチェンジしたところ、気持ちが良すぎて今日は9時間も寝てしまった柏木です・・いかがお過ごしでしょうか^^?

ダイエットと睡眠は、非常に密接な関係がありますが・・

あなたは、毎日質の良い睡眠を取られていらっしゃいますか?

(上の写真の子は友人の猫ちゃん。うちに遊びに来た時に撮った写真です♪可愛い)

ちなみに、人間の一生のうち、そのおよそ3分の1の時間が睡眠時間に充てられています。

例えば80歳まで生きたなら、26年以上を寝て過ごすことになる訳ですが、そう考えるとなんだか時間がもったいない様な気もしますよね^^;?

でも、この時間があるからこそ、人間は起きている時間を健康にそして有意義に過ごすことが出来るのですね。

もちろん、ダイエットにおいても、代謝を活発にしてスムーズに減量を行うために、質の良い睡眠は欠かせません。

ですので、ここは絶対におろそかにしない様に、なるべく良い睡眠が出来るよう心がけてくださいね。

睡眠の目的とは?

じゃあ、そもそも睡眠って何なの?

寝ている間に体の中ではどんなことが起きているの?と言うとですね!

ただただ体を休めている訳ではありませんよ。実はその体内では、様々なことが起きています。

記憶の整理

特に脳の活動は、起きている時よりも活発になる時間帯がある程で、レム睡眠時には脳内で短期的な記憶を長期的な記憶に変換する活動が行われていたりと、体は休んでいる様に見えて実はせっせと働いてくれているのですね^^(本当ご苦労様です!)

細胞の修復・再生

また、あらゆる細胞の再生も睡眠中に行われています。

成長ホルモン」って良く聞きますでしょう?

このホルモンが、睡眠時の代謝活動に特に大きく関わっている訳ですが、

成長ホルモンがもっとも活発に分泌されるのは、寝始めてから2時間後ぐらいと言われるので、この時間帯に深い眠りについていることが重要です。

寝る子は育つと言う様に、子供は早く寝る、そして沢山寝ることにも意味があるのですね^^

こうやって大きく立派な体に成長して行く訳です。

美人は寝て作られると言われるのもこの為!

寝ないと細胞の修復がうまく行われませんし、(美しい肌が作られない)代謝も悪くなってダイエットもうまくいかないからですね。

以上の理由から、十分且つ、質の良い睡眠は、私達が健康に生きていく上で、欠かせない行為であることはご理解いただけたのではないでしょうか?

こんな風に、体は休んでいる様で常に活動しています。

つまり、睡眠中、こうした体内活動によりカロリーもちゃんと消費されている為、しっかり睡眠をとることで、それだけでもダイエットに繋がると言うことです。

睡眠時はどれぐらいカロリーを消費する?

ちなみに、睡眠時のカロリー消費量で言えば、平均で約300~500キロカロリー消費できるとされていますが、睡眠時間や睡眠の質、筋肉量や代謝の善し悪しで、人によってこの差が大きく開きます。

寝るって行為だけでも、痩せやすい人と、痩せにくい人とが分かれる訳です^^;

例えば、睡眠時間の理想で言えば・・もちろん年齢にもよりますが、成人であれば7時間~9時間と言われています。

これが4時間とかですね、慢性的な睡眠不足になれば、例え自分は元気でいるつもりでも体は悲鳴を上げている可能性が高いですし、それだけ体の代謝機能も十分に働けなくなりますので、若いうちは無理もできるだけにここは気を付けていただきたいなと思います。

睡眠とダイエットまとめ

と言うことで、痩せやすい体を作る為にも、正しい生活リズム、適度な運動などをとり入れ、(寝る前のスマホなんかも、脳が覚醒するのでご注意を!)質の良い十分な睡眠を心掛けてくださいませ!

睡眠とダイエットは非常に密接な関係があります!

痩せやすい体を作りたければ、是非是非!睡眠の量、そして質を見直してみてくださいませ!

これだけでもダイエットのスピードは全然違いますから(^^)/