有酸素運動と無酸素運動(筋トレ)は取り組む順番で効果が変わる!

あなたは、ダイエットのためにどのような運動に取り組まれていますか?

テニスやバトミントンなどの特定のスポーツから、ウォーキングやジョギングなどの定番のものまで、運動方法にも様々なものがありますが・・

最近では、筋肉の重要性が広く知られる様になったこともあり、「筋トレ」を取り入れている方が増えていますよね( `ー´)ノ

代謝を上げて痩せやすい体を作るには筋肉が不可欠です!

私も、より効率の良い体づくりの為に、筋トレ(自宅での自重トレーニング)を日課であるウォーキングと共に取り入れていますが、こんな風に筋トレと並行して有酸素運動を取り入れている方も多いと思います

「はい!私もやっています」と言う場合・・

その選択、大正解です☆

もし、既に取り組まれていた場合には、一番早く痩せられるパターンですから、これからも自信を持って取り組まれてくださいね♪

「有酸素運動」と「無酸素運動」の違い

ちなみに、運動には大きく分けて、「有酸素運動」と「無酸素運動」の2種類があることはご存知ですよね?

ウォーキングやジョギング、サイクリングのように長く継続して行うことのできる運動のことを有酸素運動と言い、
筋トレのように、瞬時に爆発的なパワーを出す運動を無酸素運動と言いますが、

これらはそれぞれに役割が変わって来ることはご存知でしたでしょうか?

これらの違いを知っておくことは、ダイエットを円滑に進める上では結構大事になってきます。ぜひこの機会にそれぞれの役割の違いを覚えておいてほしいと思います。

「有酸素運動」の役割「無酸素運動」の役割

「有酸素運動」と「無酸素運動」の役割の違いを簡単にご説明しますと・・

有酸素運動は、体脂肪を効率的に燃焼する効果が高いため、減量を目的とするダイエットに最適です。
減量

一方無酸素運動は、筋肉を強化する効果が高いため、筋肉量を増やし、基礎代謝アップやスタイルアップに役立ちます
スタイルアップ

要は・・脂肪を減らしたい場合は有酸素運動、

筋肉をつけたい場合は無酸素運動ってことですね。

その上で、ダイエットをより効率的に行うためには、どちらを行うのが効果的か?と言うと・・この両方の運動を並行していくのがベストな選択となります。

両方に取り組むことで、スリムを目指しながら筋力アップも図れるので、より確実に痩せやすい体を手にすることが出来ます。

ただ体重を減らしたい!と言うことではなく、「痩せた後もリバウンドしにくい、健康的なメリハリボディを手にしたい!」と言う場合は、是非!どちらの運動にも取り組まれてくださいね^^

正しい順番は筋トレが先!

ただ・・このどちらもの運動を並行して行う場合、効果的にダイエットを進める為に取り組むべき順番」ってのがあるのですね。

それが、無酸素運動(筋トレ)→有酸素運動の順番となりますので、この順番は必ず守って頂ければと思います。

例えば筋トレとウォーキングをする場合は、先に筋トレをしてからウォーキングをする。と言う順番を守ると言うことですね。

と言うのも、筋力トレーニングを行うと成長ホルモンが分泌されるからです。

この成長ホルモンは、脂肪細胞に働きかけて、体に溜まった脂肪の分解を促進する作用があります。

そのため、先に筋トレを行ってから有酸素運動に取り組むことで、通常よりも体脂肪が燃焼されやすくなり、効率よく痩せることができるのです

同じ労力で同じ時間運動を行うなら、より効率が良い方法に取り組んだ方が良いに決まってますよね^^

であれば、この順番を守って運動には取り組みましょう!

無酸素運動を先にやった方が良い理由は他にも

筋トレする女性

それともう1点、「筋トレは正しいフォームで、集中して行わないと効果が半減してしまう」と言うのも、無酸素運動を先にやった方が良い理由として挙げられます。

先に有酸素運動から始めてしまうと、筋トレを始める前に体が疲れてしまい、いざ筋トレを行う場面で、集中力の低下やフォームの崩れにつながってしまいかねないからです。

トレーニングの効果をしっかり得るためには、使っている筋肉に集中することが大事!

筋力アップやスタイルアップを図りたい場合は、体が元気なうちに筋トレを行い、しっかりと集中して筋肉に負荷をかけてあげましょう!

筋トレ→有酸素運動の順番で取り組むと早く痩せられる

と言うことで、筋トレと有酸素運動を並行して行う場合は、先に筋トレでしっかり筋肉をいじめ抜いた上でウォーキングやジョギングなどの有酸素運動を行うこと。

是非この順番を守って肉体改造に励んでみてくださいね^^

何も考えずに取り組むより、圧倒的に効果が早いですから♪

でもって、更にさらに!効率を上げるならこちらもお勧めです。

おすすめの筋トレサプリ

なかなか筋肉がつかない・・運動してるのに代謝が上がってこない!!と言う場合には役に立ちますので是非こちらも検討してみてくださいませ♪