痩せ菌を増やせば自然と痩せる!痩せ菌の働きや増やし方を解説

ダイエットをスムーズに進めて、痩せた後一生太らない体を維持するためには、腸内に「やせ菌」を増やすのがとても有効な手段となります☆

食事を適正量に制限したり、運動して代謝を上げることももちろん大事ですが、このやせ菌を増やすことも凄く大事なのですよ!

実際に痩せ型の人にはやせ菌が腸内に多くあり、逆に太り気味の方にはやせ菌が少ないことが分かっています。

普段の生活でやせ菌を増やすことを心がければ、自然と痩せやすい体質が手に入りますので、ぜひこの点を意識して生活していただきたいと思います。

痩せ菌とは?

健康な腸それで・・やせ菌って一体何なの?

と言いますと、これは私たちの腸の中に住んでいる腸内細菌の中の「日和見菌」(ひよりみきん)の一種となります。

腸内フローラ私たちの腸の中には腸内細菌が約100兆個も存在しています。

物凄ーく大量のありとあらゆる細菌が腸の中で共存しており、それらの菌が腸の壁にびっしりと敷き詰められています。

そのありとあらゆる種類の細菌がびっしり敷き詰められた様子がお花畑のように見えることから、「腸内フローラ」と呼ばれますが、そんな腸内細菌は大きく分けて3つの種類に分けられるのですね。

その一つが、体に良い影響を与える「善玉菌」

そして、悪い影響を与える「悪玉菌」

そして中立の立場となる「日和見菌」の3つです。

この中でやせ菌は、バクテロイデス門のバクテロイデス属にあたる菌で、「日和見菌」に属します。

ちなみに日和見菌は、善玉が優勢のときには善玉菌に加勢し、悪玉菌が優勢のときには悪玉菌に加勢すると言う面白い性質を持っています。

常に中立の立場にあり、強いものに味方する訳です。

善玉菌、悪玉菌、日和見菌の理想的なバランスは2:1:7の割合。この状態が理想的な腸内細菌のバランスとなり、この状態を保てれば日和見菌は善玉の味方となり、良好な腸内環境を保つことが出来ます。

ですが、腸内フローラは常に一定ではありません。日々の食べたもの、生活習慣やストレス等で影響を受け善玉に偏ったり悪玉に偏ったりと変動しています。

だからこそ、常日頃から腸内環境を整えておく対策が重要!日々菌活の心掛けが大事なのです。

痩せ菌の出す「短鎖脂肪酸」がダイエットを後押しする

ダイエット成功とにかく「痩せ菌」と言うのは、「日和見菌」に分類される菌の中の一種です。

では、この細菌がどうダイエットに影響するのでしょう?と言うと・・凄いパワーを発揮します!

痩せ菌は、腸内である食物を分解する際に「短鎖脂肪酸」と言う物質を作り出します。

この「短鎖脂肪酸」により、腸内の悪玉菌の増殖を抑制して腸内環境を整えたり、食事からとった過剰な糖質や脂質の吸収を防いでくれます。

また、体内に蓄積された脂肪を燃やす働きもあります。

他にも、食欲を抑制する。

交感神経を刺激し、代謝を促進させるなど・・

痩せやすい体質を維持するための素晴らしい働きをしてくれるのです☆

つまり、自ら意識してあれこれ動くよりも、腸内にやせ菌を増やすだけで自然と痩せやすい体が作られていくのです!

まさに痩せる為に活躍する菌!素晴らしいですね^^

痩せ菌の増やし方は簡単!食事からあるものを摂るだけ

水溶性食物繊維そんなダイエットの強い味方である痩せ菌を増やすには、痩せ菌の好物である「食物繊維」を食事から摂ってあげることが有効です!

食物繊維は野菜やお米などの穀物に豊富です。

野菜や穀物などから食物繊維をたくさん取ることで痩せ菌が活発に働くようになります。

特に食物繊維の中でも、水に溶ける性質のある「水溶性食物繊維」は痩せ菌の大好物!

水溶性食物繊維は、例えばネバネバ系食材のオクラやモロヘイヤ、長芋、海藻類(わかめ、昆布、めかぶ)などに豊富。

他には大麦やごぼう、アボカドやキウイなどに豊富ですので、食事から積極的に取るように心がけると増やせますよ♪

腸内環境を悪化させ痩せ菌を減らしやすい食事に注意!

ちなみに、糖質制限などで穀物を一切取らない場合などは食物繊維の摂取量が激減し、腸内環境を悪化させる原因にもなるため制限のしすぎは要注意です!

また、肉を多く食べる人も要注意!動物性のたんぱく質は悪玉菌のエサになります。

こうした偏った食事+野菜や穀物の不足は腸内環境の悪化に繋がるので、食事はやはりバランスが大事だと言うことをしっかり頭に入れつつ、ダイエットには正しく取り組んでほしいと思います。

(便秘の方・おならが臭いと言う場合は悪玉優勢の腸内環境になっている危険性大です。すぐに食事内容や生活を見直しましょう。)

痩せ菌を増やして痩せやすい体質をゲットしよう

という訳で、痩せやすい体質を手に入れたければ「痩せ菌」を増やすのが効果的です!

日々の食事から水溶性食物繊維をしっかりと補い、痩せ菌のエサをどんどん投入ヽ(^o^)丿、活性を図りましょう!