夜ごはん一食しか食べてないのに痩せない理由

極たまにですが・・「1日1食、夜ご飯しか食べていないのに痩せない」との悩み相談を受けることがあります。

朝昼食事を抜く「プチ断食」ですね。

この食事法ではお腹が空いて空いて仕方がないでしょうに・・それでも痩せないとなると、これは苦しいですよね。

って言うか・・1日1食夜ご飯だけって。凄い根性ですよね^^;私にはそんなこと到底真似できません。

ちなみにこのダイエット法をしている方のルールの多くは、夜ご飯のみなら何を食べてもOKとしている方が多い様です。

メリットとしてはこの1点だけですよね。

夜まで何とか我慢できれば、あとは何でも好きなものを飲み食いできると言う単純さが、実践しやすいのでしょう。

1日1食であれば一度にとれる食事量にも限度がある訳だし、実際にこうしたプチ断食で減量に成功される人もいらっしゃいます。

それなのに・・さて?何故この方法で痩せられない方がいるのだと思いますか?

今日は夜ご飯1食しか食べていないのに痩せない理由について書いてみたいと思います^^

夜ご飯しか食べてないのになぜ痩せないの?とお悩みの場合は是非読んでみてくださいね。

BMAL1(ビーマルワン)の影響で夜は格段に太りやすくなる

食事良く、「朝ごはんよりも夜ごはんの方が太りやすい」と聞きますよね?

これは本当で、朝や昼に食べるよりも夜の食事は実際に太りやすいです。

ではなぜそうなるのでしょう?

夜ご飯しか食べていないのに痩せない理由はここにあります!

夜ご飯が太りやすいと言われる理由には、「BMAL1(ビーマルワン)」と言うタンパク質が影響しています。

BMAL1とは?

人間の遺伝子に結合しているタンパク質で、脂肪をため込むための酵素を増やす働き があります。

BMAL1の量は変動する

BMAL1は、体内リズムと密接な関係があり、昼に減って夜に増えるという特性があります。

つまりBMAL1が少ない日中は脂肪も蓄えにくく太りにくく、逆にBMAL1が増える夜は脂肪も蓄えられやすくなっている為太りやすくなるのです。

もちろん、夜は活動量も減ります。

夜沢山食べてもあとは寝るだけですので、その分余ったエネルギーは脂肪として蓄えられてしまうと言う理由もあります。

それに加えて細胞レベルでもしっかり太りやすくなっていますから、例え夜ご飯一食にしていたとしても、食事の内容や量に気をつけないと、痩せられないと言う結果に繋がってしまうのです。

昼と夜とではBMAL1(ビーマルワン)の差が20倍になる時間も

夜ご飯が遅いと太るこれは1日1食でなくても、ダイエットをしているのであれば注意すべきです。

多くの方が夜ごはんを一番豪華に、食事量の比重も夜に一番多くしてしてしまいがち。

お酒だって、飲むのは大概夜ですが、これでは痩せにくくなります。

ちなみに、一番少ない時間帯と一番多い時間帯の「BMAL1(ビーマルワン)」の差は、約20倍というデータもあるぐらいですから・・(汗)夜しか食べてないのに痩せない・・または逆に太った・・こうなるのも頷けるのではないでしょうか・・?

空腹時間が長いと血糖値の変動が大きくなり太りやすくなる

それから・・朝ごはんや昼ご飯を抜くことは、それだけ空腹時間が長く空きますよね。

空腹時間を空けすぎると、次の食事の際に血糖値が一気に上昇しやすくなる点も痩せない原因になります。

一気に上昇した血糖値を下げるために、体はインスリン(別名太るホルモン)を一気に放出させるため、脂肪の合成が促されて太りやすくなるのです。

血糖値スパイクが頻繁に起こると健康にも悪影響が出る

血糖値スパイクこのように血糖値が急上昇して、その後急激に下がることを「血糖値スパイク」と呼びますが、

血糖値スパイクが頻繁に繰り返されると、太りやすくなるだけでなく健康への様々な悪影響を及ぼします。

例えば、糖尿病になりやすくなったり、活性酸素を発生させて血管を傷つけ、脳梗塞や心筋梗塞などの生活習慣病を招く恐れや、老化を早めて老けやすくなる。また、イライラしたり気持ちが落ち込むなど、精神面にも悪影響があるため、食事は規則正しく摂ることがとても大切なのです。

夜に沢山食べることで朝食欲がなくなる悪循環

食欲更には、やっとありつけた夜ご飯はついつい沢山食べてしまいがちです。

夜に必要以上に食べてしまうことで、胃腸に負担がかかり、朝は逆に食欲が落ちてしまいやすくなります。

そうやって朝ごはんを抜くと、交感神経のスイッチが切り替わらず、(活動モードに切り替わらない)体内時計のリズムが狂ってきます。

体内時計のリズムが狂えばどうなるか?

生活が不規則になり、自律神経を乱す原因になります。

自律神経とは、循環器や消化器、呼吸器など・・私達の意思とは関係なく自立して動く器官の活動を調節するため、24時間休まず働き続けてくれている神経のことです。

この自律神経が乱れることで、身体に様々な不調が現れるようになります。

こちらも様々な病気の種となり、精神まで狂わせますから・・かなり怖いですよ・・。

朝食抜きで代謝(筋力)が低下!冷え性を招く危険も

冷え性尚且つ!朝ご飯を食べないと、代謝もなかなか上がってきませんから、折角の痩せるチャンスもどんどん逃すことになります。

体は、エネルギーが入ってこない為に、エネルギーを、体内から・・しかも筋肉を切り崩して使う為、ダイエットには必要不可欠な筋肉が減ってしまうことにも繋がります。

更にさらに!体を冷やして冷え性の原因にもなります。

つまりは、夜だけ1食生活は痩せにくくなると言うことです。

夜だけ1食の食事はお勧めできない

夜いっぱい食べて、朝ごはんを抜く。

健康的に痩せたいのであれば、このようなダイエットは絶対に避けるべきです。

もし今そんなことをやっているとしたら、今すぐ改善することをお勧めします。

どうしても夜ご飯だけ一食にしたい場合は・・

ちなみに・・一日一食を進める専門家もいます。

実際に空腹時間を長く空けることで長寿遺伝子が活性化され、若さを保てるとされるデータもあります。

一日一食が一番自分の体に合っている。ストレスなく健康を維持できていると言った場合ならば取り組んでも問題ないでしょう。

しかし、これは専門家だからできることで、普通の人が何の知識もなくやるのは危険な行為です。

どうしても1日夜だけ1食生活を続けたいのであれば、しっかり専門書を読み込んで、メリットもデメリットも全て納得したうえで、自己責任の元取り組んでいただければと思います。

健康第一!規則正しく食べて無理なく痩せよう

何はともあれ、極端なことはやらないことです。

折角痩せても、体がぼろぼろでは意味がありませんのでね(汗)

是非是非、目先の体重減少に目を向けず、先々まで見据えて行動してくださいね^^