正月太り

皆さんは今年、どんなお正月を過ごされましたか?今年のお正月はコロナ渦と言うことで、巣ごもり需要で食べたり飲んだり・・いつもよりも食べ過ぎてしまった方も多いかもしれませんね。

いつもとは違うお正月。寝正月で体重増となってはいませんか?

ちなみに私はPCR検査を受けて1年ぶりに実家に帰ることができたので、実家の福島でのんびり過ごしました。

普段よりは沢山食べていましたが、年末にメールマガジン内で宣言していた通り、掃除洗濯など家の手伝いを積極的に行い体を動かしていたことや、運動も休まず行っていたこともあり、体重をキープしたまま無事お正月を終えることができました。

中でも体重キープに役立ったのが・・実家に新登場したエアロバイクです☆父と母が、運動不足解消のためにとエアロバイクを購入していたので、これがとってもナイスでした♪「食べたなぁ」と思ったときにはエアロバイクを一生懸命こいで、カロリー消費に努めました。とにかく暇さえあれば漕いで漕いで漕ぎまくって汗を流していたのが1番の勝因だったかと思います。

とは言え、ダメだった部分もあります。揚げ饅頭の誘惑には勝てませんでしたね・・^^;近くに揚げ饅頭屋さんがあって、父親が「あれはうまいぞ!」と言うので買ってみたら・・それがものすごく美味しくて。しかもミニサイズで甘すぎないのでどんどん食べ進めてしまう。しかも、ただでさえ饅頭は太るのに、それを揚げてあるのですからカロリーも爆上げです。太るよな・・と思いつつも次々食べてしまうのですから、「油と糖の中毒性恐るべし!!」あれには参りました・・。

それでも、体重に影響しなかったのは嬉しい!それもこれもエアロバイクの効果が大きいでしょう。エアロバイク様々です。ありがとうエアロバイク!ありがとうお父さんお母さん!

そんなこんなで、今年もお正月太りすることなくほっと一安心の休暇でした。引き続きベストな状態を保てるよう気を引き締めて参りたいと思います♪

では・・逆に「お正月太りしてしまった」といった場合はどうすれば良いのでしょう?

お正月太りは早めに対策すればすぐ解消できる

ダイエットと言うと・・早めに行動すれば大丈夫です。

短期間で増えた体重は、その多くが水分が増えたことによるむくみ太りだったり、落としやすい内臓脂肪である場合が多いので、お正月モードから頭を切り替えてすぐに行動に移せば体重もストンと落ちるはずですよ。ですので焦らず、ぜひ今からでもダイエットモードに切り替えて行動してみてくださいね♪

お正月(短期間)に一気に増えた脂肪は内臓脂肪

太るちなみにお腹や太ももにあるぷにぷにつかめる脂肪が皮下脂肪です。皮下脂肪は文字通り、皮下のすぐ下につく脂肪で、どちらかと言うと落とすのが大変です。

一方、内臓の周りにつくのが内臓脂肪です。お正月太りなど、短期間で付いた脂肪はこの内臓脂肪として蓄えられることが多いのですが、食事に気をつけたり運動することですぐに落としやすい脂肪でもあるので、早くに行動すれば割と簡単にリセットすることができますよ。

とにかくお正月太りは早めに手を打つことが大事!後回しにすればするほど体に定着して落とすのが大変になるので、ぜひ今すぐ手を打ってくださいね。

一気に痩せようと無理をしてはダメ

食事制限とは言え、増えた体重を一気に減らそうと、無理な食事制限などには取り組まないでくださいね!

特に3大栄養素の1つである糖質を抜くような事はしない方が良いです。糖質を抜いてしてしまうと確かに体重は減りますが、肌のハリを保つのに必要な水分までが失われてしまい、肌の老化を招いたり、またリバウンドしやすいリスクもあることから、極端な制限は極力NGです。

もし、糖質を制限するとしても、夜ご飯だけを抜いたり、おやつを食べない、普段のご飯の量を少なめにする程度にして、無理をしすぎないように気をつけてください。

もちろん!急にハードな運動に取り組むといったこともNGです。無理な運動は何より続きませんし、ハードな運動は活性酸素を沢山生み出し老化を早めてしまう原因にもなります。

お正月太りした場合、その体重を一気に落としたくなる気持ちもわかりますが・・そうした焦りはダイエットには禁物。無理はダイエットの一番の落とし穴になりますので、早めに手を打つとはいえ、この点十分ご注意の上長く続けられる範囲で取り組むことを約束してくださいね☆

お正月疲れによる「むくみ」が体重増の原因の場合も

また、体の疲れがむくみに繋がり体重が増えているケースも多々あります。

お正月休みで長く休んでいたからといって体を休められたとは限りません。いつもと違う生活リズムだったり、ネット動画やゲームのやり過ぎで眼精疲労が悪化しているなど、いつも以上に体が疲れていることで、浮腫みを呼び体重が増えている場合もあります。

食べすぎや飲み過ぎた覚えはない。と言った場合はこのケースが考えられます。心当たりがあれば、早くいつもの生活リズムに戻すことを心がけて、まずは体を休めることを優先してみて下さいね。

疲れが取れることで、自然と体重が落ちると思いますよ。

お正月太りは早めにリセットしよう

と言うことで、ズルズルと後回しにするほど、脂肪は落ちにくくなっていきます。

お正月太りしてしまった場合は、出来るだけ早い段階でダイエットを開始し、ついた脂肪をリセットさせましょう!