食べたら太る!の思い込みが人を太らせる

昨日は昔からの親友と、南青山でランチを楽しんできました♪

素敵なテラスのある人気のお店でしたが、昨日はあいにくの雨。

テラスでの食事はできなかったのは残念だったものの、シャンパンやワインを飲みながらおいしい料理を食べ、いっぱいおしゃべりをして、いっぱい笑ってと本当に楽しいひと時を過ごしました。

「食べること」が大好きで人生の喜びでもある私にとっては、こうした時間は1番の至福の時です。

愛する友人や家族と美味しい物を食べる。こうした時間があることの幸せを昨日も噛み締めながら、天気とは逆に心晴れやかに帰路につきました。

本当、美味しい物を食べるって幸せですよね〜\(^-^)/

美味しい物に出会うたびに、私はテンションが上がって小躍りしたくなります。

そう言えば昔、友人の家で友人のお母さん手作りのおでんをごちそうになった時に、私が「おいしい!!おいしい♪」と、あまりにおいしそうに食べるものだから、友人のお母さんが嬉しくて泣いてしまったことがありました(笑)

お母さんいわく・・

「娘たちは全然おいしいとか言ってくれないから・・本当に嬉しい」

とのことでしたが、こんな経験は後にも先にも人生初めての経験だったものですから、今でも凄く印象に残っています。

美味しい料理って色々な意味で人をハッピーにさせるのですね!

それでなのですが・・あなたはおいしいものを食べる時、どんな気持ちで食べていらっしゃいますか?

例えば・・

「おいしいものは素直においしいと感動しながら食べていますか?」

「楽しい気持ちで食べていますか?」

「ちゃんと食事に向き合い、味わって食べていますか?」

もし、ダイエットであまり良い結果が得られていないとしたら、この点について1度よく考えてみてほしいと思います。

と言いますのも・・食事との向き合い方によっては、同じものを食べていても太りやすくなることがあるからです。

これが、痩せる人と太る人を分ける要素の一つです。

太ると思いながら食べると実際に太る

太るどう言うことか?と言いますと、

「これを食べたら太るな・・」

「ダイエット中なのに食べたらやばいな・・」

「こんなに食べちゃった!これじゃ今までの努力が水の泡だ・・どうしよう」

こんな風に思いながら食べると実際に太りますし、

逆に、

「なんて美味しいの!」

「食事って本当に楽しい!幸せ♪」

「おいしい食事でエネルギーチャージしたから、また明日からダイエット頑張ろう!」

こんな風にプラスに考えながら食べれば、痩せやすい体になるのです☆

幸せホルモンとストレスホルモンが与える体への影響

楽しくダイエットこうした「考え方の違い」でそんなに変わるのか?と、信じられない方もいらっしゃるかもしれませんが、これにはしっかりとした科学的根拠があります!

幸せホルモンと呼ばれるセロトニンは、代謝を上げるホルモンです。

代謝を良くして痩せやすい体を作るのが重要なダイエットにおいて、これは非常に重要なホルモンとなります。

食事を楽しく幸せな気持ちで食べることで、このセロトニンが沢山分泌する為に、代謝が活性化され痩せやすくなるのですね。

一方、「食べたら太る、ダイエット中なのにやばい・・」こういったマイナスな感情の時には、ストレスホルモンであるコルチゾールが多く分泌されます。

コルチゾールは食欲に関わっているホルモンです。

コルチゾールがたくさん分泌されることで、食欲コントロールがうまくいかなくなり、暴飲暴食の引き金となるだけでなく、脂肪を蓄えやすくなって太りやすくなるのです。

ストレスが溜まって食欲が爆発した経験がある方は少なくないと思いますが、これにはストレスホルモンであるコルチゾールが関わっていたのですね。

こんな風に、考え方ひとつで分泌されるホルモンもその影響も全く変わってくるのです。

だから、マイナスな気持ちで食べていれば、当然太りやすくなってしまうし、ストレスはダイエットの大敵でストレスが多いほど続かなくなってしまうので、失敗するリスクも上がってしまいます。

ですので、もし、ダイエット中にどうしても我慢できなくて、好物のポテトチップスやスイーツを食べてしまったとしても!

いつまでも罪悪感を持ち続けることなく、すぐに切り替えてプラス思考でダイエットには取り組んでほしいと思います。

ながら食いも太りやすいのでダイエット中は要注意

また、食事のとり方としては、「ながら食い」をすることもダイエットではおすすめできません。

ながら食いでは、せっかくの美味しいものも感動が薄れ、幸福ホルモンの分泌が制限されて満足感を得られにくくなります。

満足感が得られなければまたすぐに食欲がわきますし、満腹中枢からのサインを見逃し食べ過ぎにもつながりやすくなります。

食事に向き合えないことで栄養バランスが崩れたり、早食いによる血糖値の急上昇から肥満や糖尿病に繋がるなど、ながら食いもまたリスクが沢山あるのですよ・・。

楽しく食事と向き合うことがダイエット成功へ第一歩

と言うことで!食事は、スマホを見ながらとか、テレビを見ながらとか、他のことを考えながら何の気なしに食べるのではなく、

そして、マイナスな気持ちで食べるのではなく、

好きな人、好きな友人、自分にとって気持ちの良い人と、

または、おいしい♪幸せ♪とプラスの気持ちで楽しんで食べることを是非心掛けてみてくださいね。

こんな、ちょっとした考え方の違いで結果は大きく変わってくるはずですから♪

って・・もちろん!おいしい楽しい!!と言って食べ過ぎてばかりじゃ痩せられる訳はありませんので、この点は重々ご理解の上実践してくださいね(汗)

しっかり食事量をコントロールしたうえで、前向きに取り組むことが成功への第一歩です!