突然ですが・・あなたは、
一気に角砂糖を14個食べれますか?

砂糖

甘ーい甘ーい角砂糖を、ザクザクと・・どうでしょう?

これは、
かなりの甘党であったとしても、なかなか厳しいですよね^^;

うーん・・。
想像するだけで気分が悪くなりますね(汗)

でも、
気付かぬうちに毎日これだけの糖分を摂取しているとしたら・・

いや!

これよりももっともっと沢山摂取しているとしたら・・
どうしますか?

ちょっと恐ろしいですよね^^;

でも、
実際に私達は、
毎日それだけ大量の糖質を摂取しているのですよね・・

知らず知らずに・・(汗)

そう。

糖質制限ダイエットが大ブームで、
テレビなどでも取り上げられることも多いので、
ご存知の方は多いかとは思いますが、

角砂糖14個分の糖質と言うのが、

私達の主食となっている”ご飯1杯分”に含まれる糖質の量なのですから。

角砂糖に換算すると・・
かなりの量の糖分を摂取していることが想像できると思います。

ちなみに食パン一枚は角砂糖8個分

うどん一玉も14個分

糖分が控えめと謳われるスポーツドリンクですら、
角砂糖6個分ほど。

毎日どれだけの糖質を摂取しているか、
想像できますでしょうか?

(正確には、ご飯などは食物繊維分の重量が差し引かれます)

「ぎょぎょー!!」(@_@;)

「まさか!!」(>_<) と言うお声が聞こえてきそうですが、 これは事実なのです。 糖質は血糖値を上昇させ、 使いきれずに余った分は、 エネルギーとして脂肪細胞へ蓄えられます。 つまりは摂り過ぎれば脂肪へと直結するエネルギーです。 3大栄養素の一つで、 必要な栄養素ではありますが、太る元でもある訳ですね。

これを私達は主食にしている訳です!

3大栄養素の一つとは言え、
食事で”適量”摂る分には問題なくても・・

糖質の量がどうしても多くなってしまう、
炭水化物中心の食事・・

例えば、
丼ものや麺類、パンを何個も・・と言う様な食事をしていれば、
当然、糖質の過剰摂取となり太ってしまいますし、

ここにお菓子やジュースが加われば、
かなり危険であると言うことは容易に想像できると思います。

一体一日にどれだけの砂糖を食べていることになるのでしょうね?

想像すると怖いですねー(>_<)!(汗) と言うことでですね! 炭水化物を主食としている私達ですが・・ 食べものが溢れかえっている世の中で、 食後のデザートや、 間食でのお菓子類が日課になってしまっている人も多いでしょう。 「だって・・太るのは分かっているけどやめられないんだもん~^^;」

なーんて良い訳して食べ過ぎていませんかね・・?

お気持ちは分かりますよ!
美味しいものはどんどん食べたくなりますからね(汗)

でも、そんな風に油断していると、
太るだけならまだしも、
糖尿病などのリスクも高めることになりますからね!

糖質の取り過ぎには十分ご注意くださいませ。