痩せている日本人

「日本人女性は痩せているのに、更に痩せたがるのはなぜなんだろう?」と・・外国人は疑問に思っている様です。

そこで今日は「所さんのニッポンの出番!」と言う番組内で、日本人女性が痩せたがる理由について徹底解明していたので、これについて共有しておきます。とても納得のいく内容でしたので是非気になる方は読んでみて下さいね♪

日本人女性が痩せたがる理由

痩せる確かに・・日本人女性はダイエットをする必要がないどころか、細くてスタイルが良い人もダイエットしていますからね。これはとても気になる!と言うことで私も興味深く拝見させていただきました。すると・・なるほど納得の答えが出ましたよ!

日本人女性が痩せているのにダイエットする理由その1

まず一つ目の理由がですね・・「女子会」を観察してみて良く分かったのですが・・半年ぶりに会った女性3人組がまず話し始めた話題が、「なんかまた小さくなった?」「学生時代から細かったけど、更に薄くなったよね!」と言う体型に関する話題だったのですね。

専門家によると、「体型やダイエットの話は女性にとってコミュニケーションツールのひとつなのだ」とのことで、これがまず理由の一つと挙げられました。

ふむふむ・・本当そうですよね!ダイエットの話は確かに盛り上がるし、皆が興味を持っているものだからこそ、共感もし合えるし、良いコミュニケーションツールになっている。うーん、納得です。

日本人女性が痩せているのにダイエットする理由その2

また、外国人女性には「痩せた」という言葉は、「やつれた」と言う意味にあたり失礼な言葉であるのに対し、日本では「痩せた」という言葉は褒め言葉になっており、現にこの女子会で「痩せたね」と言われた女性も、街角インタビューで「痩せていますね」と声をかけられた女性たちもまた、嬉しそうに笑っていました。

つまりは、日本人女性にとって「痩せる」と言うことは、言われた方は”褒められた”と思うし、言う方も”褒める”という意味合いで使われていることから、「もっと痩せたい!ダイエットしなくちゃ」=「褒めらる。認められる。と言う認識となり、ダイエットしようと行動に向かわせている様です。

日本人女性にとってダイエットは、コミュニケーションツールの一つであり、人から認められる勲章の様なものでもあるのですね。

外国人女性に「痩せている」の言葉はNG

ちなみに外国人女性に「痩せてますね」と同じ事を言ったらどうなったかと言うと・・これは外国人女性にとっては「病的」という意味合いですから、「あまり嬉しくないわ」と嫌な顔をする人ばかりという結果でした。この言葉はタブーと言う訳ですね・・。

そして驚いたことに、外国人女性は、自分の体重も体のサイズも知らない。興味がないと言う人ばかりということも分かりました。

「体重なんてどうでもいい」「自分が良いと思えばそれがベストな体型で、数字は気にしない」とのこと!

おおおお!!カッコ良過ぎです!こう考えられたら確かに楽ですよね・・。人間らしく生きると言う意味では、この考え方は見習うべきかも知れませんね。

日本人女性が体重やサイズなどの数字にこだわる訳

体重計ではなぜ?日本女性は「あと5キロ痩せたい」とか、「ウエストをあと3センチ細くしたい」とか、数字にこだわるようになってしまったのでしょうか?

ここにも納得の理由が隠されていましたよ!

これにはですね・・この女性が大きく関係していたのです。その女性と言うのが、ミスユニバース世界大会で、日本人として初めて3位となった”伊藤絹子さん”。この方がですね、

身長:164センチ
体重:52キロ
B:86センチ
W:56センチ
H:92センチ

と言う抜群のプロポーションだった為、この数値を皆が意識するようになってしまったと言うことです。

164センチか・・私柏木より1センチ低い身長。それなのに、胸もしりも大きいにもかかわらず、ウエストは断然細い!まさしくボンキュッボンのダイナマイトバディ!体重は私の方が軽いけど・・何だろうこの惨敗具合は・・

と言う様にですね、日本人女性と言うのは、数値で比較して自信をなくしてしまう人種なんだそうです。そしてそこに近づく為に努力(ダイエット)をするというまじめな人種なのだそう・・。凄く納得です。

それから、着る服も関係している様です。

昔は着物を着ていたので、寸胴でふくよかな方が似合うとされていた訳ですが・・次第に西洋の文化が取り入れられるようになり、着物から洋服に代わると、肌を露出する機会が増えることとなり、ウエストのくびれ等、スリーサイズを気にするようになってきたと言うことです。

更にはこの時、日本は高度経済成長真っ只中!世界第2位の経済大国へと躍進することになった訳ですが、「いい数字を上げる=経済が上がる」という事で、いい数字を上げるために必死になっていたのですね。

こういった経済の影響で、「数字信仰」が始まり、これが「痩せ型の女性」というものを生む結果になったという結論でした。なる程。

美意識が高く向上心のある日本人女性を私は尊敬します

この様な経済の流れとも関係があったなんて!なんとも深いですね・・。

でも、先程の伊藤絹子さんの数値を見て私自身も無意識に比べてしまった様に、数字を気にしても意味がないことは分かってはいても、つい気になってしまうものですよね。憧れのモデルさんが身長体重を公開していたら・・何となく、比べちゃう・・これって悪いことではないと私は思います。

もちろん、体重が軽ければ良い訳じゃないし、スリーサイズが良ければスタイルが良いとは限らない。人それぞれベストな数値は違うのだから、自分の中での良い感じの所を健康的な状態でキープできるのが一番良い!そして外国人女性の様に、「数字なんて気にしないわ!」と自信満々に生きていけたら楽だろうな・・って思います。

番組でも最後にこう言っていました。「日本人はそのままでも十分素晴らしいのだから、自信を持ってほしい」と・・。でも、そうやって向上心を持って、常に努力し続ける日本人女性・・外国人は「既に痩せているのになぜなの?」と不思議がるかもしれませんが、わたしは逆に尊敬しますね!だって、現状に満足して、自信満々になってしまったら努力を辞めてしまうでしょう?努力しない人生なんてつまらないでしょう?

と言うことでですね、数字はあくまでも目安!行き過ぎたダイエットは絶対反対!何事にも自信を持って楽しく取り組むことは素晴らしいけど、でも、自分の現状には満足しない方が人間は成長すると私は思うので、これからも向上心を持って努力して参りましょうよ!

と言うお話でした。