お正月に太る人太らない人…その違いと放置してはダメな理由

*地元福島の初日の出です!

明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願い致します!

さて、年が明けたと思ったらあっという間に10日が経ってしまいました。
お正月は地元福島でのんびり過ごしていた私ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

もしかして・・
お正月太りなんてしていませんよね~?
大丈夫ですか?

ちなみに私は、このお正月で太る様にいっぱい食べていましたよ^^

ここ数ヶ月、小麦と砂糖、乳製品なんかを制限していて、結構体重が落ちてしまっていて母親からも心配されたので、ここぞとばかりに沢山食べました。

ちなみに私の甥っ子は今中学3年で野球部なのですが、物凄い食べるのですよね。
一食にどんぶり山盛り2~3杯とか!

そんな甥っ子の食欲に負けないぐらい!
とまでは全然行かないものの^^;
朝昼晩、結構がっつり食べちゃってましたよ。

そんなこんなで、なんとなーくふっくらしたような?『しめしめ』と思っていたのです・・

いたのです・・が!

急な食事量の増加に体がビックリしたのか、その後腹痛に見回れ、お腹を下して全部出て行ってしまいました(笑)
(汚い話でごめんなさい)

でもって膨らんだお腹もぺたんこに・・。
結局太れず作戦は失敗に終わってしまった感じです。
残念!

食べても太りにくい体質は作れる

と、こんな風にですね、痩せる生活習慣の基盤がきちんとできていると食べても太りにくい体質になってしまいます。

『なってしまう』と言うのも変ですね^^;

食べても太りにくい体質になることが出来ます☆

もちろん、私みたいに食事をストイックに制限したり、下痢になる様な食べ方をするなど、極端な食べ方をしては本当は駄目なのですが(汗)

とは言っても事実、ちょっとやそっとのことでは、なかなか太ることが難しくなります。

痩せ体質が標準化してしまうと、『なんであの人はあんなに食べてるのに太らないのだろう?』と言われる様に、本当に太れなくなるのです。

これが逆に、普段間違ったダイエットをしていたり、乱れた生活習慣を送っていたりなんかすると、お正月にちょっと食べ過ぎただけで激太りなんてことになるのですね・・

代謝がうまく回らないので、環境の変化ですぐに太ってしまうのです。

お正月に太る人太らない人の違い

食べても痩せている人。
食べたら食べた分太る人の違いがまさにここ!

日頃どのような生活習慣が標準になっているか?
この違いが、お正月などの太りやすい時期に結果として出てくるのです。

あなたはどうでしょうか?

年が明けて10日が経過しましたが、既にお正月太りをしてしてしまってはいませんか?

もししてしまっているとしたら、まだまだ痩せる生活習慣が標準化出来ていない証拠。いつでも肥満と隣り合わせであることを自覚し、

これからも日々の運動週間で筋肉を付けるなり、栄養バランスの取れた食事を継続するなりして、痩せやすい体作りを地道に目指して行ってくださいね。

継続することで、徐々に体質は変化し、必ず理想とする『食べても太りにくい体』を手にすることができますから☆

お正月太りは早めに解消するのが鉄則

その上で!増えた体重は、早い段階で戻すのがダイエットの鉄則です。

もし、お正月太りをしてしまったとしたら、過ぎてしまったものはしょうがない!と早い段階で気持ちを切り替え、露出の増える春夏に向けて今から頑張りましょうね☆

急激に体重が増えた場合、体は痩せやすい状態に変わります。

急激に痩せると、体が省エネモードになって痩せにくくなることの反対で、急激に太っても体は危険を感じ、痩せやすいモードに変化するのです。

体は急激な体重の変化を敏感に感じ、もとの体重に戻す為に代謝を上げる様働くということです。

だから、お正月太りは早めに対処すれば大丈夫!
早く対処することで、割と簡単ににもとの体重に戻すことが出来ますよ^^

この1週間で2キロ増えたなら、これからの一週間で2キロ戻すこと!
これは、体が痩せやすい状態になっているので楽に戻せます。

逆に時間がたてばたつほど戻しにくくなるので、是非お正月太りを実感されている方は、すぐにでも行動してくださいね!

痩せやすい体質に変わると気持ちも楽になる

まずはお正月太りをすぐさま解消することが第一目標。
そして最終的には、お正月、ちょっと食べ過ぎたぐらいじゃ太らない体質を!
ここを目標に頑張っていただきたいと思います。

この状態に来ると本当に気持ち的にも楽で、太る心配とか全くいらなくなりますのでね♪
是非是非!前向きに取り組んでみてくださいませ。

それでは、本日はこれで以上となります。

改めまして本年度も柏木を何卒宜しくお願いします。

心を込めて・・