太る人と痩せる人の違いを知ってダイエットを成功させよう!

太る人と痩せる人の違いとは何なのか?ダイエットの根本を、飼い猫と野良猫を例にお話します。太るメカニズム・痩せるメカニズムを理解してダイエットを成功させよう!

太る人と痩せる人を分けるものはズバリ!

昨日、友人とランチをした後に、少し時間があったので猫カフェに行ってまいりました。

デブと痩せの違いもう・・なんて可愛いのでしょう!!

友人も私も猫が大好きなので、終始、胸がキュンとなりっぱなしで、最終的には癒され過ぎて眠気に襲われる程でした^^;

それでですね・・入店して真っ先に浮かんだ言葉が「大きい!!」だったのですが・・もう、どの猫ちゃんも大きくて立派。毛が長くてデブ猫ちゃんに見える子もいますが、そうはいってもやはり、普通の猫ちゃんよりは明らかに大きい。おそらく、人間でいえば太っている人・・またはがたいの良い人と言えるでしょう・・。

しかもですよ^^;人慣れしているし、猫じゃらしなんかには食いつきやしないし、とにかくみんな動かない。(夜行性だから夜は動くのかな・・?)きっと健康管理はきちんとしているだろうけど、それでもやはり、太ってしまってもしょうがない環境ではありますよね。

それで、その時ある光景が思い浮かんだのですが・・

先月北海道に行った時に、港の近くを走っていた時に、野良猫を沢山目にしたんですよね。その野良猫たちは皆ガリガリにやせ細っていたな・・と、これこそが太っている人と痩せている人の違いの良い例ではないか!とそんなことを思ってしまった私でありました。

太る人と痩せる人の違い

そう。太る人と痩せる人の違いはここ。

良く食べてあまり動かない人
あまり食べずに良く動く人

本当にシンプルです。

もちろん、ギャル曽根ちゃんの様な大食いなのに痩せている特異体質の方はいますよ。ですが、肥満遺伝子を持った人でさえも、ダイエットに成功する方は沢山いますし、ほとんどの場合は、

摂取量>消費量
摂取量<消費量

で太る・痩せるが決定する訳です。

猫カフェの猫ちゃんと野良猫ちゃんの例えはかなり極端ではありますが、人間の体も猫の体も、太るメカニズムはほぼほぼ同じなのです。

「食べてないのに痩せない」はあり得ない

そんなことは分かっていると思いますが、それでも痩せられない人は、分かっているのに行動できていないだけの場合がほとんどなので、もう一度客観的に自分のダイエットを見直してみてくださいね。

その良い例として・・「食べてないのに全く痩せません」と相談される方がよくいらっしゃいます・・あなたはそんなことを言っていませんでしたか?

だけど、現実にはそんなことはあり得ません。

果たして・・本当に食べていないのでしょうか?

食べないのに痩せない、体重が変わらないなんてことが現実にあるでしょうか?

食べていない”つもり”の間違いではないでしょうか?

原因があって結果があります

是非その現実から目をそむけないでください。

太る原因は沢山あれど一番大事な部分は食事と運動

自分自身その現実を真摯に受け止め、必要以上に食べず(バランスのとれた最低限の栄養は取る必要があります)、体を良く動かすことが出来れば、それだけでも標準体重(一番健康的な体重)までは自然に落ちて行きますよ。

遺伝子の問題、腸内環境の問題、ストレス、などなど、太りやすくなる原因は沢山ありますが、一番大きい部分は食事と運動。太る人と痩せる人とを分けるのはここです。

あまり難しく考え過ぎず、まずはこのシンプルな所から改善して行ってくださいね^^